読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターが安い店です デイトレ

帯締めに『他人の損切りは「蜜の味」だ!』とあって!ドキッとしながら苦い経験を思い出して!すでに壁にあたっていたところにこの本が発行されました。しかしながら、専門家が書いているだけあって、いくらわかりやすく噛み砕いたとなっていても難しかったです。2年ほど毎日チャートを見ている私でも疑問符が多く、著者のブログ・twitterなどを参考に勉強していかないとと思いました。

コチラですっ!

2017年03月24日 ランキング上位商品↑

インター デイトレインターバンク流FXデイトレ教本 [ 小林芳彦 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

これらのことをふまえて為替の相場観をテンポよく理解するのには時間が必要だと思いますが、取引を続けながらこの本を繰り返し読んで、日々の積み重ねで勉強するしかないですね。値動きの向こう側で何が起きているのかを想像・推理して次の取引の材料とし、心構えをもって戦略・手法を決めて取引するという一連の動作を身に着けるために、トレーニングするための参考になると思います。と言うか、日本人の書いたもので、ここまで書かれているものは初めてではないでしょうか。FX初心者レベルの私にはピンとこないところもありますが!何かモヤッとしていた事柄に一筋の光が差したような感触で!インターバンクデイトレというものがどういうものなのか参考になりました。さすがに現役であり、過去には本舞台でトレード指導してきた著者であるだけあって読み応えは十分すぎました。。素人から「○○円儲けました」というだけで本を出している元トレーダーとは違って、この本からは専門的な事情までわかりました。特に著者の相場観は半分も伝わらないと思います。時々の為替相場で!これから取引をしようとする者達の思惑がどういうもので!それによってどのような戦略!取引手法になって・・・等々。